乾燥させない体の洗い方

menu
乾燥させない体の洗い方

洗顔は気をつけているけど、体を洗うのは特に気にかけていない、という方は多いでしょう。風呂上がりにローション等を大量にぬることで、むりやり乾燥肌をおさえてはいませんか。ここでは乾燥肌をおさえる体の洗い方をおさらいしましょう。

■体を洗うとは

■体を洗うとは

体を洗う(風呂に入る)のは、一日の締めくくりとして気持ちと体をリラックスさせる役目もあります。規則正しい生活習慣やリラックスすることは肌の再生サイクルにとっても大切です。

そして体を洗うのは、一日の汚れを落とすためなのですが。ここでは肌本来のターンオーバーを乱さないように、そして保護している脂分を落としすぎないようにした体の洗い方を意識するようにします。そのためには、洗いすぎないことが大切になります。そして風呂上がりには、保湿です。

■ボディソープの選び方

体の洗い方の前に、ボディソープを選ぶべきです。固形石鹸よりボディソープのほうが肌に優しいイメージがありますが、そうでない場合もあります。ボディソープは固形石鹸とは違い、さまざまな成分が含まれており洗浄能力が高いのです。

人によっては、洗いすぎになり、本来あるべき肌の脂分を落としてしまいます。このような体の洗い方は良くありません。そのため、ボディソープには余計な保湿成分が添加されていることが多いのですが、人工的な成分が多くあまり好ましいことではありません。

それに汚れや古い肌組織を落とすだけではなく、新しい肌組織まで痛めてしまい、肌の再生サイクルを乱してしまいます。乾燥肌の人はできる限り低刺激のボディーソープを選びましょう。

低刺激のボディーソープは、アミノ酸系の洗浄剤が含まれているものを選ぶのがよいでしょう。弱めの洗浄力のアミノ酸系のボディーソープであれば、洗浄力はマイルドなので肌の余分な水分や皮脂を洗い流すことなく、汚れを落としてくれます。

それでも難しい方は、固形石鹸を考えてみてはどうでしょう。固形石鹸は、ボディーソープに比べて余計な成分が含まれておらず、低刺激かつ無添加のものが多いので安心して使用できます。頭皮の弱い方はせっけん成分のシャンプーを使う方もいらっしゃるほどです。

■正しい体の洗い方

■正しい体の洗い方

本来であれば体の洗い方は、顔と同じで手を使って洗うのがベストとされていますが、難しいでしょう。そこでタオルにこだわります、ナイロンなどの丈夫な素材では肌を痛めてしまいます。綿などのソフトな肌触りものがよいでしょう。

ボディーソープや固形石鹸はなるべく低刺激なものに切り替えます。洗い方も大切です、気持ちがいいからといってゴシゴシこするのは禁物です。泡だてて、ソフトに体を包み込むように洗うようにしましょう。

そしてせっけん成分が完全に落ちるよう、しっかり体を流しましょう。湯船や体を流すお湯は刺激にならないぬるめの温度で使います。熱いと肌の脂分が溶けたり、毛穴に刺激になったりします。

ぬるめでも湯船につかる時間が長ければ体は温まります、ただし無理しないでください。
お風呂上がりのケアも大切です。風呂上がりは肌が乾く過程でどうしても肌が乾燥してしまいます、ローションなどできちんと保湿、保護するようにしましょう。

■まとめ

なにげなく体を洗っていた方も多いと思われますが、特にボディソープ選びは重要なことがわかっていただけたでしょう。体の洗い方としては、洗いすぎないように注意、お風呂上がりには保湿を心がけてください。